青汁とグリーンスムージーはどちらがいいか

青汁とグリーンスムージーは似ているものではありますが明確な違いがいくつかあるもので、それらは同じものではありません。
さて、その青汁とグリーンスムージーの違いからどちらのほうがいいのか、どちらのほうが体にいいのかというのが消費者にとって一番気になるところだと思うのでそれを紹介していきましょう。

栄養成分について

まず、グリーンスムージーと青汁ではフルーツが入っているかいないかという違いがあります。
なので、栄養成分はグリーンスムージーは青汁と違い糖分が含まれているので糖分摂取という点で見ればグリーンスムージーのほうが優れているといえるでしょう。
しかし、糖分というのはカロリーでもありますので低カロリーダイエットをするのであれば青汁に軍配があがると言えます。
また、材料によってはミネラルやビタミンなどは青汁のほうが多いことが多いですね。

飲みやすさ

これに関してはグリーンスムージーに圧倒的な軍配が上がります。
グリーンスムージーは青汁と違い水やフルーツなどを加えているので飲み口がソフトで味もおいしいので、断然青汁よりもグリーンスムージーのほうが飲みやすいです。
青汁と言えば不味い、というのが割と常識的なイメージにもなっていますのでこればかりはグリーンスムージーの圧勝ですね。

手軽さ

これに関しては、青汁のほうがやはり手軽だと言えるでしょう。
青汁の場合は、青汁の元や商品などが売ってあるのでそれを飲んだりするだけでいいので手間がかかりません。
グリーンスムージーは、それそのものが商品として売りに出されているわけではありませんので、基本的に自宅で材料を揃え、ミキサーで自作しなくてはいけないんですね。
さらに、保存が利かないので飲むたびに毎回作らなくてはいけないという手間がかかってしまいますので、どうしても手間の面で見ても青汁のほうが手軽です。

価格

こちらも、やはり青汁は今かなり安いのでせいぜい1日100円と言ったところですがグリーンスムージーは野菜を揃えたりしなければいけませんので月に5000円から6000円程度はかかります。
なので、コストパフォーマンスで考えるとやはり青汁のほうが多少は安くつくと考えられます。

まとめ

どちらのほうが優れている、というよりは目的別に考えるのがこの二つのそれぞれの長所を活かすことにつながると言っていいでしょう。
ダイエット中の人はやはり青汁のほうがいいですが、健康と美味しさを求める人はグリーンスムージーのほうがいいでしょう。

青汁は習慣化させることが大事

青汁は、野菜不足になりがちな現代の食生活において非常に効果が高く、今注目を受けなおしている健康食品が青汁です。
便秘の改善や、肌質の改善などの効果もありますので女性がダイエットや美容のために飲んでいるなど、青汁は健康効果が非常に高く年配の人だけでなく若い人にも今注目を受けているんですね。

青汁の改善

青汁は、確かに健康的にはいいのですがそのデメリットが飲みにくく不味いということです。
不味い、もう一杯なんてCMのフレーズで有名になったように基本的においしくないものなんですね。
苦い、えぐみがある、飲み口がドロっとしているなど飲みにくいし味も不味いというところがネック担っており、これを毎回飲み続けるということは中々難しいんです。
しかし、最近では青汁も健康面はもちろんですが味のほうも進化しているので大人はもちろん、子供でも飲みやすくなっているのです。

それでも気になる人へのポイント

時代に経過に伴い、青汁の味や臭み、野生系のクセなどもだいぶ緩和されてきてはいますが、それでもそういった青臭さが元々苦手な人にとってはやはりまだまだ気になるという人も結構増えています。
そういう人にとってはやはり、改善されたとは言っても継続して飲み続けるというのは苦痛になってしまいますよね。
そこで、味や香りを改善することによって青汁を習慣化させやすくなるでしょう。
一番簡単なのはやっぱり青汁に何らかの材料を加えることですね。
たとえばですが、レモンやミカンの汁など柑橘系のフルーツを絞って入れると、さわやかな酸味が野菜のえぐみや風味を消してくれるので、かなり飲みやすくなりますね。
ほかにも、はちみつやバナナをミキサーにかけたり、ヨーグルトや牛乳などで風味や臭みを消すという方法もあります。

大事なのは続けること

青汁もそうなのですが、こういった健康食品などで健康に気を遣う際に大事になってくるのは、どんなに健康のいいものを使うかということよりは、どうやって続けるかということが重要になってくるんですね。
なので、どんなに健康に良くても飲むのが辛いものなんかになってくるとどうしても続けるのが難しくなってしまうので、まずは続けられるもの選びや工夫が大事なのです。

まとめ

青汁を使う際には、まずはとにかく飲みやすさというものを重視しましょう。
どんな健康的なものであっても、それを続けることができなければ意味がありませんからね。
まずは続けるのがつらくないものを使うのがコツです。